求人広告は具体的に、明確に、簡潔に

求人広告は具体的に書くことを心掛けましょう。例えばWEBデザイナーを募集するとします。単に「WEBデザイナー募集」と銘打つよりは、「ショッピングサイトを作成できるWEBデザイナー」と具体化した方が、求職者の目を惹き付けることが出来ます。具体的であればあるほど、当然ながら雇用のミスマッチを防ぐことができますし、求職者に安心感を抱かせることにもなります。求職者の立場で考えて下さい。抽象的で曖昧な文句ばかりが並んでいる求人広告を見て、何を思うでしょうか。採用可能性を探ることが難しく、また自分がその会社の求める人材像に合っているのかどうか判断できません。具体的に書く方がお互いに損をしないことがお分かりいただけるでしょう。

おすすめ